18年前の大手消費者金融会社の自由すぎる経営活動


39歳 女 会社員 娘(19歳)、息子(18歳)
借金:300万円

私は当時結婚していて定職についていたのですが、旦那が定職についておらず、生活費などが足りなくなっても定職についている私名義でしか借りられませんでした。旦那はギャンブル依存症で、資金さえあれば大金が稼げると大口をたたいていて、当時若かった私はその意見に反対もしましたが、言うことを聞いてしまい1日のうちに4店舗以上をまわり借り入れしました。 離婚を決意していたので、当時の仕事をやめ、家族には内緒でデリヘルで働き離婚資金をためるとともに返済資金も貯めました。なかなか借入額が減らなかったので、知り合いに「不当利得返還請求」というものがあることを聞き弁護士には依頼せず知り合いに数万円で訴状を作成してもらいました。 25%くらいの利息で、さらに延滞すると28%くらいの利息を取られる時代であったため、なかなか返済も進まなかったです。毎月利息の支払いでいっぱいいっぱいになるので一気に返さなくてはという焦りがありました。しかも、一般的にCMで見るような消費者金融会社の取り立てが、やくざまがいでひどかったです。韓国マフィアかと思われるような様相で口が悪いんです。まだまだ子供が小さかった頃なので取立ての方に子供がハイハイしていき笑いかけても無視して「奥さん、財布に1000円もないの?」という有り様でした。また違う取立ての方は、私が不在だったため不在票を投函していったようなのですが、某有名な消費者金融会社の訪問不在の連絡票の周りの空白にページ罫線のように「金返せ」とたくさん書いてあったのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です